映画やアニメに登場する、あの未来技術がどこまで実現してるのか調べよう!
みんなでつくる未来予想図
記事の追加/更新を Twitter でチェック! Twitter

ページの編集/新規作成におけるルール、指針を説明します。

このページのもくじ(クリックしてスクロール)

各カテゴリ下における指針

すでに存在する記事に手を加える場合はその記事の内容を理解し、また敬意を払って編集を行ってください。

「未来技術が登場する作品」カテゴリ

未来技術が登場する作品カテゴリ下における編集指針について説明します。

このカテゴリ下には、「未来技術」と呼び得るコンセプトが登場する作品(映像、文学など)のページを作成します。登場した未来技術をすべてリストアップします。

「未来技術が登場する作品」の定義

「未来技術が登場する作品」の定義
制作年代においての「未来技術」が描かれている作品。
  • その後に実現した技術であってもよい。
  • なんらかの法人が興行/出版した作品であること。個人制作作品は除く。
  • あてはまらない例:
    • 異文明(古代文明含む)からもたらされたオーバーテクノロジーを描く作品。
      • 例:ロバートゼメキス監督作品「コンタクト」など。
      • 「超時空要塞マクロス」には「未来技術」が登場するが、異星人によってもたらされたオーバーテクノロジー(OTM*1)に基づく技術はリストアップしないこと。
    • 異世界・パラレルワールドなど、人類史とは異なるタイムラインであることが明示されている作品。
      • 例:ジョージルーカス監督作品のシリーズ「スターウォーズ」など。
      • 機動戦士ガンダム」は「宇宙世紀」という暦にあり、また西暦とのつながりは不明瞭である。ただ、人類史とは異なるタイムラインであることが明示されていないので「未来技術が登場する作品」として取り上げることができる
      • 映画「タイムマシン」では 80 万年後の世界が描かれる。この世界に登場する種族はわれわれ人類とは断絶された、異なる文明を築いているため彼らのテクノロジーは「未来技術」ではない

ただしこれらの定義は今後、修正されていきます。運営チームの判断により、以上の定義にあてはまらないのに掲載されたり、定義にあてはまっていても掲載を却下したりします。

また、この定義に当てはまらない要素を扱う場合には注釈*2を付ける、このページへのリンクを付記するなどしてください。

ネタバレ

「ネタバレ」にならないように留意しましょう。

「登場する未来技術」のリストに物語の展開に関わるものを挙げる際には、作品鑑賞の醍醐味を削がないように配慮しましょう。

「未来ロードマップ」カテゴリ

未来ロードマップカテゴリ下における編集指針について説明します。

このカテゴリ下には、「未来技術が登場する作品」でリストアップされた「未来技術」のページを作成しましょう。ページは技術分野ごとに、階層構造で分別して作成していきます。

「未来技術」の定義

みんなでつくる未来予想図 では、以下の定義に当てはまるものを「未来技術」とします。

未来技術の定義:
「将来において人類が実現させるだろう/させるかも知れない技術」。
  • あてはまる例:
    • 創作作品に登場し、その発表年には実現していなかったテクノロジー。
  • あてはまらない例:
    • 「魔法」など、現代の人類の科学とは完全に切り離されたファンタジーの産物。
    • 異文明などからもたらされるオーバーテクノロジー、または物質特性によって実現を想定されたもの。

ただしこの定義は今後、修正されていきます。運営チームの判断により、以上の定義にあてはまらないのに掲載されたり、定義にあてはまっていても掲載を却下したりします。

また、この定義に当てはまらない要素を扱う場合には注釈*3を付ける、このページへのリンクを付記するなどしてください。

記事のまとめかた

重要なのは、その技術やコンセプトをだれでもが具体的に思い描けるような内容にまとめることです。「だれでも」、たとえば中学生程度の技術知識でも読める文章が望ましいです。

その技術が、人々にとってどのような価値をもたらすかをできるだけ具体的に書き表しましょう。たとえば素材であればそれによりどんなモノを作ることができるのか。さらに、そのコンセプトがどんな風に人々の役に立つかまで書き表しましょう。

また、それが「未来技術」であるならば実用化されていない原因があるはずです。その原因を明確化、もしくは推察してください。技術的な問題であったり、実現コストと市場価値が見合っていないなどという場合はそのとおりに説明しましょう。コンセプト自体に問題があれば、そう結論づける説明をしましょう。

科学的に説明する

未来技術の実現性を説明するためには、現代の人類が持つ科学で説明されなければなりません。たとえば「魔法」など人類の科学とは完全に切り離されたファンタジーの産物や、異文明などからもたらされるオーバーテクノロジー・物質特性を持ち込んで実現性を説明することはできません。

未来技術の種類

このサイトでは、未来技術には「未来技術コンセプト」タグを記述します。ページ作成時には、3種類ある「未来技術コンセプト」のタグの内から当てはまるものを1つ選んでください。

関連ニュースにリストアップする優先順位

ウェブには膨大な数のサイトが存在し、同じニュースをいくつものサイトが報じています。が、この Wiki に書き込むリンクは原則、1つのトピックあたり1つにしましょう。

以下の条件で、数字の若い項目に当てはまるページを優先して選んでください。

  1. 日本語で記述されたページ。
  2. 情報の発信元に近いページ。
    1. 開発元の製品ページ
    2. 開発元のプレスリリース
  3. 情報の信頼度と責任性が高いページ
    1. 法人が運営しているサイトのページ
    2. その他の団体が運営しているサイトのページ
    3. 実名の管理者が運営しているページ
  4. より詳しく説明しているページ

外部ドメインへのリンクの規制

リンク先のサイトと直接の利害関係をお持ちの方は、記述をご遠慮ください[検討中の規則]。これは、Wiki の秩序を保つために設けた暫定的な規制です。そのリンクが公に有益であるとお考えの場合は、運営チームへお問い合わせください。

脚注

*1 Over Technology of Macross、劇中の用語。
*2 注釈は、二重の半括弧("(" を2回と ")" を2回)で括って記述できます
*3 注釈は、二重の半括弧で括って記述できます
更新:2012.03.28. (水) 16:13:23
Processing: 0.051 sec.