映画やアニメに登場する、あの未来技術がどこまで実現してるのか調べよう!
みんなでつくる未来予想図
記事の追加/更新を Twitter でチェック! Twitter
  • 種類:アニメ
  • 発表年:1988
  • 舞台年:2019
  • 舞台年補足:
  • 未来世界の描かれ方:

「AKIRA」は、1988 年に公開されたアニメ作品。「2019 年」のネオ東京が舞台となる。

登場する未来技術

  • 電動バイク …「金田のバイク」。
    • セラミック2ローター、12,000 回転、200 馬力。
    • 両輪駆動、バックも可能。
    • コンピュータ制御のABS
    • 電気モーターというよりはレシプロエンジンのような走行ノイズだが、おそらく「バイクらしさ」を演出するためのものと考えられる。
  • 空中投影ディスプレイ …街頭広告、パターン観測機器
  • 屋上庭園
  • 空中浮遊 …マサルの椅子。超能力で浮遊している?
  • メガストラクチャー(オリンピックスタジアム)
  • ホバーバイク(参照:空飛ぶ自動車) …水道トンネルのシーンで登場。
  • レーザー銃
  • デジタル望遠鏡

超能力は「未来技術」に含まれるか

(2011.10.17. forevision.jp 付記)

この作品において超能力は、科学技術によって研究が進められているという設定であるため「未来技術」の定義に当てはまっているが、当 Wiki の編集指針を著しく混乱させる恐れがあるため現状、リストから除外しておく。超能力は現状、オカルトやファンタジーのジャンルで取り扱われることが多いため、これをリストアップすると Wiki の主旨が分かりにくくなってしまうからである。

今後 Wiki の内容が充実してきた時点で改めて検討し、以下のいずれかの施策をとる。

  1. 「未来技術」の定義をより具体的にして、超能力を含み得ないものにする。
  2. 超能力を「未来技術」として認め、リストアップする。

関連ニュース

うおおおお!あのAKIRAのバイクが日本の町を走っている!
http://jyouhouya3.net/2012/04/akira.html

「編集する」ボタンで、このページに新しい情報を追加しよう!

更新:2012.06.08. (金) 15:11:00
Processing: 0.016 sec.