映画やアニメに登場する、あの未来技術がどこまで実現してるのか調べよう!
みんなでつくる未来予想図
記事の追加/更新を Twitter でチェック! Twitter
  • 種類:アニメ
  • 発表年:2011年
  • 舞台年:21世紀後半
  • 未来世界の描かれ方:

IS<インフィニット・ストラトス>は2011年に放映されたアニメ作品。21世紀後半が舞台となる。

登場する未来技術

このリストは、すべての項目を網羅できていません。シリーズ作品をご覧になった方のご協力をお待ちしております。→ 編集するには…※全作品のチェックが完了したら、この文章は削除してください。

IS(インフィニット・ストラトス)
空中戦用マルチフォームスーツ。もともと宇宙開発用に開発されたものだが「白騎士事件」以降、軍事目的でも利用されるようになった。機体と武器の量子格納、シールドバリア、PICなどを装備。このアニメでは女性にしか使えない(主人公は除く) IS一機で一つの国を滅ぼすことが可能だが、ISコアには謎が多く、ISを作り出した篠ノ之束にしか作れない
拡張領域
ISの後付装備を入れるための特殊データ領域。武器や換装装備を、量子化して量子データとして収納できる空間。
シールドバリア
操縦者を守るためにISの周囲に張り巡らされている不可視のシールド。攻撃を受けるたびにシールドエネルギーを消耗し、模擬戦などではエネルギー残量が無くなった場合負けとなる。また、シールドバリアーを突破するほどの攻撃力があれば操縦者本人にダメージを与えることができる。

「編集する」ボタンで、このページに新しい情報を追加しよう!

更新:2013.02.03. (日) 17:27:38
Processing: 0.025 sec.