映画やアニメに登場する、あの未来技術がどこまで実現してるのか調べよう!
みんなでつくる未来予想図
記事の追加/更新を Twitter でチェック! Twitter
  • 種類:映画
  • 発表年:2000
  • 舞台年:2056
  • 舞台年補足:
  • 未来世界の描かれ方:

「レッドプラネット」は、2000 年に発表された映画作品。発表年の 56 年後となる「2056 年」が舞台となる。

登場する未来技術

  • スペースプレーン
  • テラフォーミング
    …「火星極地の二酸化炭素の氷を核爆発で溶かし温室効果を発生させ、そこに藻の胞子を撒き、成長させて、酸素を造り出す」と説明される。
  • 「AMEE」
    …多目的多脚歩行ロボット。今回の作戦では地上探査が任務だが、もともとは海兵隊所属で格闘などの戦闘能力を持つ。
    • 缶ビールサイズの原子力電池を搭載、8ヶ月稼働する。
    • ドローン(小型無人偵察ヘリ)
  • ウェアラブルコンピュータ
    …宇宙服に装備。酸素ボンベ残量を表示したり、AMEE の遠隔操作をしたりする。
  • マーズ1号
    • 星間有人航行
    • 「ルシール」
      …メインコンピュータのあだ名。自然言語インターフェイスで操作できる。
    • 人工重力
      …劇中の描写からはハッキリ判らないが、大きな回転体を持っていることから遠心力を利用しているものと考えられる。
  • 透過型ディスプレイ
    • マーズ1号の、火星表面を走査するコンピュータの画面。
    • 携帯健康診断装置
      • 体内を透かして見るような機能もあり、肋骨が折れたことを分かりやすく見せるシーンがある。IBM製。
  • 電子地図
  • タブレット
    …ボーマンが使用。スタイラスを用いて入力する。

なお、その他の興味深い演出を以下に記す。

  • 無重力火災が描かれる。
  • マーズパスファインダーとおぼわしき探査機が登場する。中から「50 年前のモデム」を取り出し、これを改造して「マーズ1号」と交信した。

購入はこちらから

レッドプラネット [Blu-ray]

「編集する」ボタンで、このページに新しい情報を追加しよう!

更新:2012.08.10. (金) 19:10:51
Processing: 0.022 sec.