映画やアニメに登場する、あの未来技術がどこまで実現してるのか調べよう!
みんなでつくる未来予想図
記事の追加/更新を Twitter でチェック! Twitter
  • 種類: 映画
  • 発表年: 1990
  • 舞台年: 2084
  • 舞台年補足:
  • 未来世界の描かれ方:

「トータルリコール」は、1990 年に発表された映画作品。フィリップ・K・ディックの短編小説「追憶売ります」を原案としている。発表年の 94 年後となる「2084 年」が舞台となる。

登場する未来技術

1990 年版

  • 火星での資源採取
  • 火星、土星への旅行。また「スペースクルージング」。
  • 壁面テレビ …未使用時には、ただの壁紙。
  • リアルタイム透視映像(X線?)装置
  • 地下鉄での、動画(ブラウン管)広告
  • 記憶の購入による旅行
  • デジタルマニキュア …スタイラスで爪にタッチして瞬時に色を変更できる。
  • テレビ電話
  • タブレット …リコール社の社員が使用。面積はA3用紙ほど、厚みは5cm程度。
  • 携帯型位置追跡装置 …主人公の鼻に、発信器が仕込まれている。
  • 空中投影ディスプレイ
    • テニスのレッスンビデオ
    • 分身装置
  • 電気自動車
    • ロボットタクシー運転手 "JOHNNYCAB"
    • 走行音や、エンジンルームとして必要なスペースがないデザインから電気走行だと推測される。ただし、衝突するとなぜかガソリンエンジン車並みに派手に爆発し、盛大に燃える。
  • 空気が貴重な、火星のコロニーでも活躍している。

なお、その他の興味深い演出を以下に記す。

  • 火星では、空気代が徴収される。
  • テレビ電話が普及しているが、携帯電話は一切普及していない模様。

2012 年版

「トータルリコール」は、2012 年に発表された映画作品。1990 年に発表された同名作を原案としている。「21 世紀終盤」が舞台となる。

  • エネルギーワイヤー…発射すると電磁力(?のような音がする)のワイヤーが発生、対象を拘束する。
  • 汎用ロボット
    • "Synthetic"…人型警備ロボット。
    • 歓楽街に女性型のロボットもいたが…コスプレ?
  • メガストラクチャー…またロンドン (UFB)/オーストラリア (Colony) 共に土地不足のため都市自体が多層化、超過密な構造をしている。
  • 壁面テレビ…投影機が壁面に方眼状に埋設されていて、数 mm 浮いたところに画面を生成する。
  • 透過型ディスプレイ…店の看板、コンピュータ/タブレットのディスプレイなど
  • 空中投影ディスプレイ
    • 駅の情報掲示板、コンピュータのディスプレイなど
    • 変装装置
  • 「フォール」…地球貫通列車。イギリスとオーストラリアを結ぶ。
  • タッチスクリーン付き冷蔵庫
  • 光るタトゥー
  • 記憶の購入による旅行
  • ウェアラブルコンピュータを備えた兵装
  • "Eye Ball" …散弾銃の弾丸がカメラになっており、部屋に撃ち込んで内部を索敵する。通信兵の背中に装備された空中投影ディスプレイを利用する。
  • 列車…車輪の音がしないため、リニアモーターカー、もしくはそれに類するものと想像される。
  • 「グリッド」…手のひらに埋め込まれたインプラントコンピュータ。手を耳に押し当てて携帯電話のように使える。またガラス面に押し当てると、ディスプレイが展開する。
  • 空飛ぶ自動車…磁力式。
  • 生体認証
    • 銀行…網膜/虹彩判定式?
    • 自室の鏡台…指紋認証
  • 縦横に動くエレベータ
  • 垂直離着陸機

購入はこちらから

トータル・リコール [DVD]

「編集する」ボタンで、このページに新しい情報を追加しよう!

更新:2014.07.21. (月) 21:46:30
Processing: 0.032 sec.