映画やアニメに登場する、あの未来技術がどこまで実現してるのか調べよう!
みんなでつくる未来予想図
記事の追加/更新を Twitter でチェック! Twitter
  • 種類: 映画
  • 発表年: 2002
  • 舞台年: 1899
  • 舞台年補足:
  • 未来世界の描かれ方:

「タイムマシン」は、2002 年に発表された映画作品。発表年の 28 年後となる「2030 年」などにタイムトラベルをする。

登場する未来技術

人類の文明が一旦崩壊する 2037 年以降は取り上げない。

1899 年

  • タイムマシン

2030 年

  • 月面都市
    • 魚釣り、ゴルフ、ダンスホールなどの娯楽施設がある。
  • タブレット …透過型ディスプレイ搭載。すべての生徒(小学生)が持っている。
  • 第三世代ボックスシステム…ニューヨーク市立図書館の司書(?)
    • 光コンピュータ(Photonic Memory Core)による人工知能を持ったバーチャル司書。
    • 透過型ディスプレイに等身大の人物として映し出される。自然言語による会話や、歌を歌うことができる(重唱も可能)。
    • 世界中のデータベースからキーワードと映像をリンクさせることができる。
    • 核融合エネルギーで駆動し、メンテナンスされなくても 80 万年後も使用することができる。

なお、その他の興味深い演出を以下に記す。

  • しつけの悪い子供は、DNA組み替えをさせられる。

「編集する」ボタンで、このページに新しい情報を追加しよう!

更新:2012.06.16. (土) 16:29:02
Processing: 0.059 sec.