映画やアニメに登場する、あの未来技術がどこまで実現してるのか調べよう!
みんなでつくる未来予想図
記事の追加/更新を Twitter でチェック! Twitter
  • 種類:映画
  • 発表年:2011
  • 舞台年:2169
  • 舞台年補足:
  • 未来世界の描かれ方:

「タイム」は、2011 年に発表された映画作品。発表年の 158 年後となる「2169 年」が舞台となる。

登場する未来技術

作品レビュー

文:forevision.jp

ジャスティンティンバーレイクというと歌って踊っているイメージしかなかったので、いわゆるアイドル映画の類いだろう…なんてつもりで見始めたのですが、これがなかなか硬派なSF作品でした。

しかも主人公が成り上がっていくストーリー展開が演者の魅力を存分に引き出しており、「アイドル映画」としても良くできていると言えます。…いや、そもそもは芸歴が長くて演技力も備わっていたジャスティンに「アイドル云々」なんてレッテルを貼ることからおかしい話ではあるのですが。


街路に意味深に並ぶ「チャレンジャー(ダッジ)」とか、こんなクラシックカーの使い方どっかで見たことあるな…いや、そもそもこーいう設定が…って思ったら、監督が「ガタカ」のアンドリューニコルでした。

ニコル監督にとって「ガタカ」につづく管理社会設定モノのSFになる訳ですが、舞台設定の練り込みが相変わらずよくできています。「いずれ不老不死が実現するだろうけど、そうなったらたしかにこんな社会になってしまうのかも」と思わせる説得力があります。たくさんのアイディアが盛り込まれていますが構成が巧いため、「理解が追いつかず楽しめない」なんてこともありません。

アクション/サスペンス描写に頼らずに「舞台設定」の妙でストーリーを駆動させる手腕は面白いと思うのですが、とはいえ終盤の「いくらなんでも警官マヌケ過ぎだろ(うっかり死)」という展開は、酷いと思います。

購入はこちらから

TIME/タイム [Blu-ray]

「編集する」ボタンで、このページに新しい情報を追加しよう!

更新:2012.12.09. (日) 17:29:59
Processing: 0.010 sec.