映画やアニメに登場する、あの未来技術がどこまで実現してるのか調べよう!
みんなでつくる未来予想図
記事の追加/更新を Twitter でチェック! Twitter
  • 種類: 映画
  • 発表年: 2009
  • 舞台年: 2054
  • 舞台年補足: 原作の設定。映画版は不詳。
  • 未来世界の描かれ方:

「サロゲート」は、2009 年に発表された映画作品。近未来のボストンが舞台となる。舞台年は原作の設定では 2054 年だが、映画本編では年代は示されていない。ただ、冒頭の背景説明において「14 年前の出来事」として 2009年以前の実際のニュース映像が使用されていることから、2023 年前後の設定であると推察される。

登場する未来技術

映像特典「サロゲート:最新技術の行方」

「サロゲート」Blu-ray および DVD ディスクに収録された、約 16 分間のドキュメンタリー。映画製作者による「サロゲートの原型はすでに完成している」というコメントと共に、サロゲート技術につながる研究開発の映像が多数紹介されている。

紹介される研究組織

石黒浩研究室
http://www.geminoid.jp/ja/index.html
ロボットと人間の「存在感」の違いに着目、関係性を研究する大阪大学石黒浩教授。本編にも登場。
[Anybots]
https://www.anybots.com/
[Aesthetic Prosthetics Inc.]
http://aestheticprosthetics.com/
シリコン加工で、本物と見紛うほどの人肌を再現する技術。
[Biodesigns Inc.]
http://www.biodesigns.com/
ハイテク義肢の開発。

「編集する」ボタンで、このページに新しい情報を追加しよう!

更新:2013.10.14. (月) 00:08:14
Processing: 0.032 sec.