映画やアニメに登場する、あの未来技術がどこまで実現してるのか調べよう!
みんなでつくる未来予想図
記事の追加/更新を Twitter でチェック! Twitter
  • 種類: 映画
  • 発表年: 2009
  • 舞台年: 2034
  • 舞台年補足: 本編では「数年後」と説明されている
  • 未来世界の描かれ方:

「ゲーマー」は、2009 年に発表された映画作品。発表年の 25 年後となる「2034 年」が舞台となる。

登場する未来技術

  • 「ナネックス」…ネットワークを通じて、別の人間を操作する技術。操作される側の人に注入されたたナノ細胞が、脳を乗っ取る。操作方法はよくわからないが、ジェスチャーインターフェイス自然言語インターフェイス、もしくはブレインマシンインターフェイスを利用している模様。空中浮遊カメラがキャラクター(となる人物)を常時追跡しており、ユーザーはその映像を見ながら操作する。
    • 「ソサエティ」…ナネックスを利用したバーチャルコミュニティー。操作される側も、決断や責任感のない体験が楽しいらしい。
    • 「スレイヤーズ」…ナネックスを利用したサバイバルゲーム。プレイヤーはネットワークを通じて、ナネックスを注入された死刑囚を操作する。
  • 衝撃波銃
  • ネットワーク制御による銃の安全装置*1
  • 壁面ディスプレイ …サイモンの部屋。360 度を取り囲む映像。
  • 「スウォーマーズ」
    ホーミング銃。発射後に銃弾が拡散し、目標を追尾する。
  • タッチスクリーンテーブル …取調室にて。
  • 記憶の可視化
  • 裸眼立体映像ディスプレイ

購入はこちらから

GAMER ゲーマー [DVD]

脚注

*1 安全装置との明確な説明はないが、おそらく。ゲーム開始時に、銃に取り付けられたLEDが赤から緑に変化する

「編集する」ボタンで、このページに新しい情報を追加しよう!

更新:2014.10.15. (水) 01:15:47
Processing: 0.024 sec.