映画やアニメに登場する、あの未来技術がどこまで実現してるのか調べよう!
みんなでつくる未来予想図
記事の追加/更新を Twitter でチェック! Twitter

人類はこれまでさまざまな環境の場所を開拓してきました。そしてこの開拓史は今も続いており、更なる未開の地へ挑戦しています。

たとえば 20 世紀の宇宙開発以降、いよいよ宇宙空間や他の惑星の開拓も検討され始めています。中でも「バイオスフィア2」という実験は有名です。閉鎖空間に人工的な独立した生態系を構築し、そこで生活をする実験でしたが、酸素供給力不足などの事態に陥り計画は中断されてしまいました。しかしこの失敗は貴重な研究成果を残すことになりました。

バイオスフィア2
バイオスフィア2。*1

バイオスフィア2は、人工的な生態系の構築が簡単ではないことを教えてくれます。しかしそれでも、地球外への入植はいろいろな形で検討されています。宇宙には可能性が広がっており、またいついかなる形で移住が求められるか分からないことも人類はその歴史から学んできたからです。

地球は人類の揺り籠だが、我々が永遠に揺り籠に留まることは無いであろう

  コンスタンチン・ツィオルコフスキー

人工生態区(コロニー)

宇宙開発

購入はこちらから

脚注

*1 Image from Wikimedia Commons.

「編集する」ボタンで、このページに新しい情報を追加しよう!

更新:2014.08.30. (土) 23:21:54
Processing: 0.066 sec.