映画やアニメに登場する、あの未来技術がどこまで実現してるのか調べよう!
みんなでつくる未来予想図
記事の追加/更新を Twitter でチェック! Twitter
このページのもくじ(クリックしてスクロール)

関連ページ

食料

2011.03.29. 未来の台所:3Dプリンタで食べ物も瞬時に出力できる?
http://ja.naturalnews.com/?p=526
コーネル大学の "fab@home"。
2011.03.17. 苦い食べ物を甘く変える不思議な果実「ミラクルベリー」は人類を飢餓から救うことができるか
http://gigazine.net/news/20110317_miracle_berry_save_us/
糖尿病患者の治療にも期待される。
2012.09.25. 未来の食料供給はこう変わる?現在開発中の奇妙な5つの食料未来形
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52101716.html
  • デジタルフードプリンター「コーニュコピア」
  • 食べられる包装「ウィキセル」
  • スカイクレーバー農場
  • NASAが 2 億 5000 万ドルを費やした尿から飲料水を精製する技術
  • ヒト遺伝子をイーストに注入したゼラチン
2013.05.23. 3Dプリンターで食べ物を印刷へ、既存の食事を置き換える可能性
http://gigazine.net/news/20130523-3d-printed-food/
NASA からの資金援助も得ている。長期宇宙滞在の食事手段としても利用される予定。パウダー状の材料は保存期間が 30 年間もあり、無駄を省くこともできる。
2013.11.13. 「ソイレント」だけを30日間飲んで過ごすとどうなるのか?
http://gigazine.net/news/20131113-30-days-eat-only-soylent/

ソイレントのみで摂取できる1日分の栄養成分は、カロリー:2404kcal、脂肪:65g、飽和脂肪:0、トランス脂肪:0、コレステロール:0、ナトリウム:2.4g、カリウム:3.5g、炭水化物:400g、食物繊維:40g、砂糖:?、タンパク質:80g(最新バージョンは120g)、ビタミンや亜鉛、マグネシウムなどはどれも必要摂取量の全て100%を満たしています。

食料需給予測

2012.09.12. 2050年、人類はみな草食に!?
http://wired.jp/2012/09/12/2050_vegetarian/

食料保存

2011.03.08. 牛乳の賞味期限が10日から数カ月に。殺菌技術で特許
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110227/biz11022719520009-n1.htm
大阪のベンチャー企業「アキュサイト」が開発。「高電界」と呼ばれる環境による殺菌技術。
2011.04.03. ナノ構造のお菓子パッケージでますますチップをパリッパリにキープ!
http://www.gizmodo.jp/2011/04/nanopackage.html
ナノ構造によりフォイルと同様の密封を実現するナノブリックフィルム。
2011.12.24. 賞味期限の超長いサンドイッチ
http://www.j-tokkyo.com/2011/12/24/42360.html
2〜3年間の保存が可能。
参照:US Army's hi-tech, two-year-old sandwich served fresh
2012.05.21. 賞味期限を延長可能なラップフィルム
http://www.j-tokkyo.com/2012/05/21/47449.html
英国のスーパーで導入された "EVAP"。紫外線フィルターと除湿機能を備え、生鮮食品の賞味期限を2倍程度に延ばす。廃棄される食品を大幅に削減できる。
→ dailymail.co.uk
2012.10.27. 青果物を長持ちさせる鮮度保持フィルム
http://jp.diginfo.tv/v/12-0147-n-jp.php
2013.09.02. 薬剤不使用、食品を腐らせない紙
http://wired.jp/2013/09/02/index-design-awards-2013/2/
Fenugreen 社 "FreshPaper"。下に敷くだけで野菜や果物が新鮮な状態に保たれる。
2014.02.17. 3 年間放置しても食べられる携行型軍事用ピザの開発に成功
http://gigazine.net/news/20140217-military-pizza/

農業

2014.07.30. 未来の農場タワー
http://www.j-tokkyo.com/2014/07/30/106448.html
2016.06.16. 食糧危機から人類を救うのは AI かもしれない
http://wired.jp/2016/06/16/future-humanitys-food-supply/

畜産

2012.02.28. 衝撃!! 植物状態の鶏を人工的に大量生産する食肉工場
http://youpouch.com/2012/02/28/56758/

人工食肉

学者たちは、環境問題や人口増加などによって食肉の価格が今後数年〜数十年で倍増すると見込んでいます。そのような時代を見越して、食肉を人工的に生産したり、代替となるタンパク源を研究している人たちがいます。

2007.08.01. 「培養肉」を食卓に
http://wired.jp/wv/2007/08/01/「培養肉」を食卓に1/
2011.02.13. バイオテクノロジーで培養して育てる肉の誕生は実現するか...
http://www.gizmodo.jp/2011/02/post_8503.html
サウスカロライナ医科大学の研究。
2011.06.17. 下水汚泥から作る「うんこバーガー」
http://slashdot.jp/story/11/06/17/0915212/
下水汚泥に含まれているタンパク質を取り出し、反応材を加えて装置にかけることで人工肉を作り出す。
2011.09.18. 東大発ベンチャー開発のミドリムシハンバーガーやミドリムシラーメンなど
http://www.gizmodo.jp/2011/09/midorimushi_saves_our_lives.html
2011.11.29. 「人工肉」の現状と展望
http://wired.jp/2011/11/29/「人工肉」の現状と展望/
2011.12.07. ラボ産人工肉でハンバーガーを作ると、そのお値段1つ2600万円ナリ
http://www.gizmodo.jp/2011/12/12600.html
2012.02.22. 世界初の人工肉バーガー、今秋にも実現
http://science.slashdot.jp/story/12/02/22/0758228/
オランダのマーストリヒト大学の研究。「食肉の需要は今後40年で2倍に達すると見られているが、現在既に農業生産量の7割が食肉用家畜を育てるのに消費されているという。このままいけば確実に破綻するため、代替肉の開発は避けられないとポスト氏は言う。研究対象として牛肉を選んだのは、牛が消費する食糧と実際に食卓に上る牛肉との関係が最も非効率であるのが理由だそうだ。」
2012.07.09. 人工肉が食卓に並ぶのはそう遠い未来ではない。
http://www.gizmodo.jp/2012/07/post_10556.html
2012.08.07. 食糧問題を解決する鍵は「昆虫」と「人工肉」
http://science.slashdot.jp/story/12/08/07/1015229/
「昆虫は牛よりも二酸化炭素排出量が少なく、少ない水で育てることができる。人間が食べられると分かっている昆虫は、推定 1400 種以上。コオロギやバッタで、ハンバーガーのようなものを作ることができる」。
2014.10.24. 牛に優しい新人工乳、実験室で生産
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20141023005

購入はこちらから


「編集する」ボタンで、このページに新しい情報を追加しよう!

更新:2016.11.15. (火) 23:04:50
Processing: 0.048 sec.