映画やアニメに登場する、あの未来技術がどこまで実現してるのか調べよう!
みんなでつくる未来予想図
記事の追加/更新を Twitter でチェック! Twitter

関連ニュース

2012.01.19. 幹細胞注射でマウスの “若返り” に成功
http://science.slashdot.jp/story/12/01/19/0049216/
関連記事:→ ナショナルジオグラフィック
2012.03.02. 永遠の命が手に入る? その秘密はとあるプロテイン
http://www.gizmodo.jp/2012/03/the-secret-to-eternal-youth-unlocked.html
スウェーデンのウメオ大学の研究チーム。自食作用において生命力旺盛なプロテイン「SNX18」を特定した。
http://www.sciencedaily.com/releases/2012/02/120227111202.htm
2012.03.05. 「意識をマシンに移植する」プロジェクト:ロシア
http://wired.jp/2012/03/05/dmitry-itskov/
ロシアの企業家イツコフ氏の「アバター」計画
  • 2025 年…移植された死者の脳で稼働するアバターを実現。
  • 関連ページ:アバター
2012.03.08. ついに遺伝子操作で寿命 3 割増しの時代到来か? マウスの寿命延長に東北大が成功
http://www.gizmodo.jp/2012/03/3_57.html
東北大大学院の片桐秀樹教授らの研究グループ。
2012.09.26. 20 年後、人類は「不老不死」になる
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33570
傷ついた細胞を修復し続けられれば、人は永遠に生き続けられる。ケンブリッジ大学研究員オーブリー・デグレイ博士は「そのために必要な薬と技術は、今後 20 年ほどで完成する可能性が高い」と、断言する。実現すれば…
  • (女性は)70 歳、80 歳になっても出産できる。
  • しわやしみもできず、若いままの外見を維持できる。
  • 介護を頼む必要がなくなる。 …などと語る。
2013.08.30. 遺伝子操作で寿命延びる可能性
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130830/k10014147761000.html
2013.09.09. 科学で「不死」は実現できるのか? 科学者たちの戦いと研究の今ここ
http://www.kotaku.jp/2013/09/live_forever_can_science_deliver_immortality.html
2013.12.16. 遺伝経路操作で蠕虫の寿命を 5 倍に
http://irorio.jp/sousuke/20131216/96028/

人間に応用できれば500歳まで生きられる可能性も

2015.04.06. 現在注目されている6つの不老不死技術
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52189074.html
遺伝子工学ナノマシン幹細胞技術人工血液クローニングサイボーグ
2015.04.19. 「人間は 500 年生きられる」Googleが語った死を治すテクノロジーとは?
http://tabi-labo.com/116528/eternal-life/
2015.05.17. 2 年後に実現する「人間の頭部移植」は、死生観をどう変えるのか
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/43285
2015.10.27. 寿命を60%伸ばすことが特定の遺伝子を削除することで可能に
http://gigazine.net/news/20151027-gene-boost-lifespan/

「LOS1」と呼ばれる遺伝子は、欠失すると細胞の寿命が約60%も伸びることが明らかになっています。

2015.12.03. 寿命を120歳まで延ばす長寿薬の臨床試験が米国で開始
http://japanese.engadget.com/2015/12/03/120-metformin/
「メトホルミン」。

たとえば寿命が100歳の人ならば、120歳まで生きることができるようになる。70歳の人なら50歳並みの健康が得られるはず

2016.02.07. ”デジタルの不死”を獲得した超人類「ホモ・オプティマス」
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52211079.html
2016.04.25. 人間の老化に対する初の遺伝子治療が成功か
http://gigazine.net/news/20160425-gene-therapy-human-aging/

実験初期のデータが正しければ、遺伝子治療によってテロメアを伸長を可能とした世界最初の事例になる

パリッシュ氏のテロメアは約20年分も長くなっており、生物学的には白血球が若返っているという結果が示された

購入はこちらから


「編集する」ボタンで、このページに新しい情報を追加しよう!

更新:2016.05.05. (木) 09:32:44
Processing: 0.032 sec.