映画やアニメに登場する、あの未来技術がどこまで実現してるのか調べよう!
みんなでつくる未来予想図
記事の追加/更新を Twitter でチェック! Twitter

タグ/未来技術コンセプト/架空のコンセプト

X-prize 財団のピーター・ディアマンデス氏によれば、地球周回軌道の周りには直径 45m 以上の小惑星が 9,000 個以上存在し、そのうちのいくつかにはこれまで地球上で採掘された合計量に匹敵するほどのプラチナを含んでいる可能性があり、数十億ドル以上の価値を持つという。

関連ページ

関連ニュース

2004.11.22. 「月や火星の資源から利益を」MIT主催の宇宙開発
http://wired.jp/wv/archives/2004/11/22/「月や火星の資源から利益を」mit主催の宇宙開発/
宇宙探査会議『スペースビジョン2004』より。
2012.04.24. テクノロジー業界の大富豪たちが計画する、大胆な小惑星採掘計画
http://wired.jp/2012/04/26/planetary-resources-asteroid-mining/
Planetary Resources Inc.,。大量のロボットを宇宙に送り出し、小惑星を探索、レアメタルを採掘し地球に持ち帰る計画。
2013.01.23. 小惑星で資源を採掘、宇宙で「3Dプリント」製造する新会社
http://wired.jp/2013/01/23/deep-space-asteroid-mining/
Deep Space Industries(DSi)社の計画。
2013.02.22. 隕石衝突!の前に破壊できるシステム、準備中
http://www.gizmodo.jp/2013/02/post_11702.html
"Directed Energy Solar Targeting of Asteroids, an exploRation (DE-STAR)"。太陽エネルギーをレーザービーム群に変換して小惑星や彗星を破壊、または軌道をそらす。レアアース採掘や惑星探査にも利用可能。
2013.04.11. NASA「小惑星捕獲計画」が実現か:予算1億ドル
http://wired.jp/2013/04/08/nasa-asteroid-capture-2/
予算総額約100億円。地球近傍小惑星を無人宇宙船で捕え、月まで運んできて、その軌道上(地球・月系のラグランジュ2)に置く計画。小惑星からの資源採掘のほか、地球と衝突する可能性をもつ小惑星の進路を変える方法の研究、火星への有人飛行に向けた基盤づくりに発展させる。
2013.08.16. NASA、現在の技術で捕獲可能な12の小惑星を選定
http://science.slashdot.jp/story/13/08/16/0456200/
2013.10.13. 土星と木星には大量のダイヤモンドが存在する可能性
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52142634.html

購入はこちらから


「編集する」ボタンで、このページに新しい情報を追加しよう!

更新:2013.10.14. (月) 23:12:18
Processing: 0.025 sec.