映画やアニメに登場する、あの未来技術がどこまで実現してるのか調べよう!
みんなでつくる未来予想図
記事の追加/更新を Twitter でチェック! Twitter

より低コスト低排出な都市を実現するために、無駄な発電や送電区間におけるロスを抑えるという工夫もできます。また、ケーブルを使用せずに電力を供給する技術の開発も進められています。

スマートグリッド

2011.09.01. シベリアとアラスカを結ぶ世界一長い海底トンネルの建設へ!
http://www.gizmodo.jp/2011/09/theres-going-to-be-an-underground-tunnel-connecting-russia-to-alaska.html
ロシアの潮力発電と風力発電による、10 GW クラスの電力供給に利用される。予算約5兆円。トンネル自体の建設に 15 年以上、送電網の敷設のためには更なる期間を要する。

超電導電力貯蔵

まだ記事がありません。執筆のご協力をお願いします。→ 編集するには…

超電導送電

2008.01. [住友電気工業] GENESIS計画と高温超電導直流ケーブル
http://www.sei.co.jp/tr/staticFile/39/rakcat&DESTINATION=TLVL03&HAKKO_NO=172&TECHNICAL_CD=254.htm
「再生可能エネルギー」と、高温超電導直流電力ケーブルの組合せからなる「持続可能エネルギー」システムの提言。
2011.04.22. 世界のエネルギーインフラを変革する、超伝導直流送電
http://wirelesswire.jp/Inside_Out/201104221200.html
中部大学山口作太郎氏のインタビュー。
2012.11.05. 超電導ケーブルで家庭へ送電  NEDOが実証実験
http://www.scienceplus2ch.com/archives/4257186.html
「冷却に使う電力分を含めても、電力の損失を半分にできる可能性がある」
2015.09.26. 石狩データセンターで超電導直流送電開始
http://hardware.srad.jp/story/15/09/26/2031221/

無線給電

購入はこちらから

「編集する」ボタンで、このページに新しい情報を追加しよう!

更新:2015.10.03. (土) 20:09:02
Processing: 0.036 sec.