映画やアニメに登場する、あの未来技術がどこまで実現してるのか調べよう!
みんなでつくる未来予想図
記事の追加/更新を Twitter でチェック! Twitter

発電に求められる理想は、より低コスト低排出なエネルギー変換を、よりコンパクトで安全に取り扱えるようになることです。低コスト低排出という点では既に原子力発電がクリアしていますが、安全性についてはまだ一定の懸念が残っています。また逆に、太陽光や水素など自然界から膨大に取り出すことのできる資源を利用する技術(=再生可能エネルギー)の開発も進められています。

発電

発電技術には、現在採用されているモノだけでもさまざまな種類があります。それらはいずれも一長一短で、現代に求められる電力を供給できる無欠の発電技術というモノはありません。ですから、日本の電力会社各社も特定の発電技術に依存するのではなく日本特有の地理条件やコスト、リスクマネジメント(燃料調達に関する経済政治情勢など)を鑑みてあらゆる発電技術を最適なバランスでミックスさせる割合を常に探っています。これからもあらゆる状況において安定した電力供給ができるように、更なる多様性を獲得すべく技術開発が進められていくでしょう。

送電

より低コスト低排出な都市を実現するために、無駄な発電や送電区間におけるロスを抑えるという工夫もできます。また、ケーブルを使用せずに電力を供給する技術の開発も進められています。

省エネ

エネルギーハーベスティング

「エネルギースカベンジング」などとも呼ぶ。排出された余分なエネルギーを回生して再利用する技術。

2010.10.05. “電池不要”の世界が動き出す エネルギー・ハーベスティング
http://www.nikkei.com/tech/ecology/article/g=96958A9C93819499E0EBE2E3818DE0EBE2EBE0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;p=9694E0EBE2EBE0E2E3E2EAEAE6E6

関連ニュース

2011.10.06. 震災後の日本は“蓄電型クルマ社会”になるか
http://ascii.jp/elem/000/000/640/640044/
日産の「スマートシティ」構想と、トヨタの「トヨタスマートセンター」。電気自動車をスマートグリッドの一部として、積極的に電力システムに組み込もうという構想。
2011.12.08. 太陽発電・風力発電で街を照らす未来の街灯
http://www.gizmodo.jp/2011/12/post_9695.html
"Eco-Pole"。
2014.04.08. 放射性廃棄物の無害化に道? 三菱重、実用研究へ
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ040JJ_X00C14A4000000/

購入はこちらから

「編集する」ボタンで、このページに新しい情報を追加しよう!

更新:2014.04.12. (土) 20:25:21
Processing: 0.069 sec.